手芸

自分でつくる糸ボタン

2017.2.12. 日曜日

witobutto_1

糸ボタンは自分でつくることができます。
久保も作ってみたのがこちら。
段染めの刺繍糸を使いました〜なかなか可愛くないですか(笑)

チャルカがチェコから入れている糸ボタンは、人がミシンを使って1つずつ作っています。
会社には別に全てを手作りしている人いて、このボタンはドイツの愛好家向けだったり、民族衣装に使われたりしています。
前に行った時にその人に手取り足取りで教えてもらいました。
と言っても簡単なんですけど。
模様は何パターンかあり、色を変えればさらにバリエーションが出ます。

土台となるリングですが、写真はチェコ製で、日本にはこのように薄いものがありません。
このリング、春にはチャルカに届きますので、手をうずうずさせながら楽しみにお待ちください。
ミシンで作る糸ボタン、自分で作る糸ボタン。
ヨーロッパの中で、このボタンが作れるのはチェコの一社のみです。
チェコと協力しながら広めて行こうと思っています。

witobutton_2

こちらは昔の糸ボタン。
手作りです。

糸ボタンのブローチ、大きめ作りました

2016.9.8. 木曜日

witb-brooch-5

witb-brooch-8

witm-brooch-3

witb-brooch-9

チェコの糸ボタンの一番大きなサイズは26mm。
これを使って作るブローチの面白さに気づき、糸ボタンに再び夢中になっています(by 久保)
サイズ違い、色違いのボタンを何個も繋いで大きくし、ブローチの存在感が増しても、力みと言うか嫌みがありません。
そして軽いので、お洋服を傷めることもありません。
身につけていて楽です。

<作り方>
気に入ったボタンを並べて、こんなふうに繋ごうとイメージします。
あとはボタン同士を縫い留めていくだけ。
表に糸が出てもいいんです。
裏は糸があちこちに渡ってますが見えないし、自分用なのでこれも良しにします。
繋ぎたいだけ繋いだら、裏にピンを接着剤でしっかりと付けています。
ボタンがほぼ平らなので、これもそんなに難しくはありません。

糸ボタン飾りのちょこっとトートバッグ

2015.11.22. 日曜日

wito-button-bag1-1
wito-button-bag-1-2

色の糸ボタンが人気ですが、白好きの私としては「白もいいよー!」とアピールしたい(by久保)
白の生地に白い糸ボタンをまるく並べ、控えめの色でステッチをいれながら縫いとめました。
これぐらいのサイズなら気軽に手縫いでできます。
糸ボタンづかいを考えるのは楽しく、まだまだ広がります。


トップへ