ショップイベント

『vincent fouteauの封筒詩片』展、封筒がまたまた届きました

2016.6.29. 水曜日

wvf-20160629

fouteau(フゥトォ)さんから封筒が追加で届きました。
どうやら封筒仕立てが面白すぎて止まらないようです。
楽しんで作られたものからは「楽しいよ〜」のオーラが出ているように思います。

封筒展は今週末、7/3(日)までです。

『vincent fouteauの封筒詩片』展、vincentさんがやってくる!

2016.6.19. 日曜日

vincent_1

6/22(水)13:00〜18:00の間、vincentさんがチャルカに居合わせます。
お時間あう方はぜひこの日にいらしてくださいね。

今日の封筒は、作品度が高い!と久保が勝手に感じたこちらです。
右の封筒などなぜか、画家のnakabanの絵を連想させます。
って、そうりゃそうですよね〜。

『vincent fouteauの封筒詩片』展、三角ですか?

2016.6.18. 土曜日

vincent_7

vincenetさんから届いた封筒の小山をごそごそしていたら、1枚だけ三角の封筒がありました。
vincentさん、意図して1枚だけですか?
などと野暮なことは聞きませんが。
封筒仕立ても後半になってくると、絵を描くだけでなく、紙そのものに手を加えてはります。
よって、ふしぎ〜な質感、見え方の封筒があるんですのよ。

『vincent fouteauの封筒詩片』展、線が気になる封筒

2016.6.17. 金曜日

vincent_4

金曜日のセレクトは力強い罫線とグリッドの封筒を選びました。
vincentさんは線フェチです。
ええ、間違いないです。

『vincent fouteau』の封筒詩片、こんなのが届きました

2016.6.16. 木曜日

vincentさんは広島在住。
仕立てた封筒をゆうパックで送ってくれました。

開けてみて大騒ぎ。
今、チャルカはvincentさんの封筒に夢中です。
しばらくの間、毎日vincentさんの封筒を自慢することにしました。
まずは木曜日のセレクト。
ポップな色使い。
ベロの遊び。
ベースは日焼けしたアジ紙。
今日もご機嫌、おしゃれなおじいちゃんみたいな封筒です。

vincent_6

「vincent fouteauの封筒詩片」展 チャルカにて

2016.6.10. 金曜日

wvincent-fouteau-tirashi

「vincent fouteauの封筒詩片」展 

期間:2016.6.22(水)- 7.3(日) 13:00 ~ 18:00
チャルカにて、vincent fouteauさんのすべて一点ものの封筒を販売いたします。

*************************************

世の中には二種類の紙がある。
すなわち「封筒」になる紙、そしてそれ以外の紙である。

封筒になる紙はそれ以外の紙より少し幸福である。
引き出しの中での永遠の眠り、そして突然の旅立ち。
相反する甘美な可能性を約束されるがゆえに。
(そして紙なのにベロがあることも素晴らしい)

先日、馴染みの雑貨店Cよりデッドストックの紙の提供を受けた。
それも大量にである。
訝りつつも箱を開く。
古い紙束が薫り、そこには知らない国の言葉が書かれていた。
いちまいの紙に秘められた歴史とエキゾティズムに目眩を感じる。
紙片とは詩片に他ならないと思い知った。

そんな紙にもわたしは鋏を入れる。
惹かれる紙がそこにあれば、ただひたすらにそれを封筒に「仕立てる」。
それがわたし、vincent fouteau の流儀なのであるからして。

さて、君のお気に入りの封筒はあるだろうか。
是非とも雑貨店Cに探しに来てほしい。

vincent fouteau

(*vincent fouteauは画家nakabanの今展のためだけの別名義です)
2016.produced by CHARKHA & nakaban

糸ボタンでブレスレットを作るワークショップ

2016.5.20. 金曜日

witobutton-bracelet-WS-1

wwitobutton-bracelet-WS-3

witobutton-bracelet-WS-2

だんだん暑くなってきましたね。
夏のお洋服にぴったりなブレスレットを作ってみませんか?
チェコの糸ボタンを使います。
いろんなサイズ、いろんな色を混ぜて、個性的に、楽しいですよ!
糸ボタンの組み合わせは、チャルカおすすめの2種類をご用意します。
ピンク&茶色がアクセントのセットと、赤&水色がポイントのセットです。
10個のボタンを使うのですが、一部を淡い色に変えたり、クールな色にしたりもできます。
このブレスレット、可愛いので夏に出番が多くなりそうですよ。
楽しみながら一緒に作りましょう!

2016年6月18日(土)
<A>13:30~15:00 満席になりました。
<B>15:30~17:00
各時間とも、4名様までになります。

先生:アトリエseeds 梶さん

レッスン料&材料費:2500円+消費税
持ち物:特にありません。
申込みの際に、ピンク&茶色、又は、赤&水色のどちらの色をご希望かお書きください。
一部変更の色はその場で選んでいただけます。

申し込み方法:
HPのcontact、店頭、お電話にて承ります。
お名前、連絡先(パソコンからの連絡が可能なメールアドレス、差し支えなければお電話番号)、希望の時間、希望の色をお知らせください。
折り返し受付のご連絡をいたします。
※月、火は定休日になります。

陽射しに誘われて、ガラスと花1リン

2016.4.28. 木曜日

w20160428-2

w20160428-1

外の陽射しが強くなってきました。
入り口がガラス戸4枚のチャルカ店内は、今、ちょうどいいキラッと感。
ガラスものがきれいに見えます。

ハンガリーやチェコの、お酒をひと口呑むための小さめグラスを並べました。
都会の中にも緑はあります。
植木鉢に生えたクローバーや、植え込みに混じる雑草を摘んできて、グラスに飾ってみました。
ほんのちょっとしたことですが、なんか、うれしくなります。

小さいグラスは冷酒を呑むのにもいいんですよ。
わたしは、柄違い、形違いのをトレーに並べておいて、好きなのを選んで使っています。

箱物もいっぱい並んでいます!

久保

今年のクリスマスツリーはビーズ飾りで

2015.12.6. 日曜日

wcharkha-tree-2
wcharkha-tree-1

イベントごとをスルーしがちですが、クリスマスツリーは毎年気合いを入れて飾ります。
チェコにはガラスのオーナメントの素敵なのがいっぱいあって、それを飾るのが楽しみなんです。
今年のチャルカのツリーは、鳥と、氷柱みたいなのと、銀色のまる、そしてビーズのガーランド。
どれもガラス製。
飾りは銀色系が好きで、本当にとても欲しいと思った物に出会った時に手に入れたのと、知人からプレゼントしてもらったものを飾っています(久保私物です〜)。

毎年1つ2つとお気に入りのオーナメントを手に入れ、少しずつ揃えていく。
薄紙に包んで大切にしまい、また取り出す。
増えたり減ったりしながら、繰り返す年末行事。
重ねる楽しみがあります。

店内にはガラスオーナメントが並んでいます。
チャルカのクリスマスは、静めですがきれいですよ。
遊びにいらしてくださいね。
お待ちしています。

小さな古い切手商のイメージで

2015.10.7. 水曜日

wkitte

少し前の買いつけで、切手関係のものをバナナ箱4つ分仕入れいてきました。
どこかから引き上げてきた状態そのままで、ざっくり全部でいくらみたいな出会いでした。
整理の仕方を見ていると、どうもプロッぽくて
個人のコレクションではなく、小さな切手商からの荷物と推測しました。

チェコのどこかにあった、小さな切手商。
おじいちゃんが辞めちゃって、その息子は切手に興味がなくて
欲しい人がいたら売ってしまおう。
そんなところにチャルカが手を挙げて持ち帰ってきた、とそんなお話です。

整理された袋やファイル、シートのまま、できるだけ手を加えずにお店に出しました。
切手に切手帳、切手台紙、初日カヴァーなど。
他にも古いメモや葉書、カード、チケットや意味のわからない紙切れがあれこれと並んでいます。
アジ紙好きさん、お待ちしております!
じっくりと吟味して、切手や紙や文字の世界をお楽しみください。


トップへ