ショップイベント

週末のチャルカの市に並ぶもの3

2016.9.1. 木曜日

w20160901-2

蚤の市らしいものが揃いはじめました。
ステンレスの水差し(昭和のヴィンテージ) 1200円
赤い切子ガラスの鉢 300円
鍋 300円
根来塗の皿4枚セット 1600円
黄色のポット、ピッチャー、カップセットで 1500円
など、いろいろあります。

今週末のチャルカの蚤の市に並ぶもの 2

2016.8.31. 水曜日

w20160831-2

チャルカツアーのお客さんからの預かりもの。
ハンガリー刺しゅうです。
ベレグ刺しゅうのコースター 500円
カロチャ リシェリュー 2000円
ベレグ大判刺しゅう/チューリップ 5000円
などなど、刺しゅうの図案本もありますよ。

チャルカの蚤の市に並ぶもの

2016.8.31. 水曜日

20160831-1

今週末はチャルカ蚤の市です。
この蚤の市はチャルカのセール品少々と、友人知人から預かるいろんな物が店内いっぱいに並びます。
まずは店主久保、自宅の改装を控えているので、置き畳を売ります。
無印良品で昨冬に買ったもの、傷んでおりません。
60x60cm、made in Japanのイグサで、6枚あります。
ジョイントパーツがあり、繋ぐことが出来ます。
1枚5000円ぐらいで買いました→1000円です。
持ち帰りの心づもりをしてお越し下さいませ。

Apple Wireless Keyboad 未使用品 2500円もあります。

毎年恒例 チャルカの蚤の市 2016♪
2016.9.3(土)11:00〜18:00
9.4(日)11:00〜15:00

※お買いもの袋をご持参ください。
※この2日間はクレジットカード不可になります。

毎年恒例 チャルカの蚤の市 2016♪

2016.8.13. 土曜日

nominoichi2016

お待たせしました!
チャルカの蚤の市 2016♪ します。
出展者はチャルカスタッフ、元スタッフ、ご近所さん、友だち。
預かった蚤の市ものが店内いっぱいに並びます。
ご存知の方もいらっしゃるでしょうが(笑)、この蚤の市の物量は本気で、お得品の宝庫です。
チャルカのセール品少々、持ってきてもらった食器、服、アクセサリー、手芸素材、おもちゃ、本、靴、バッグ、他にもいろいろ、あれこれ、盛り盛りたくさん。
洋服の調達に、定価では買わないけどこれならアリの品定めにいらしてくださいね。

2016.9.3(土)11:00〜18:00
9.4(日)11:00〜15:00

※お買いもの袋をご持参ください。
※この2日間はクレジットカード不可になります。

『vincent fouteauの封筒詩片』展、封筒がまたまた届きました

2016.6.29. 水曜日

wvf-20160629

fouteau(フゥトォ)さんから封筒が追加で届きました。
どうやら封筒仕立てが面白すぎて止まらないようです。
楽しんで作られたものからは「楽しいよ〜」のオーラが出ているように思います。

封筒展は今週末、7/3(日)までです。

『vincent fouteauの封筒詩片』展、vincentさんがやってくる!

2016.6.19. 日曜日

vincent_1

6/22(水)13:00〜18:00の間、vincentさんがチャルカに居合わせます。
お時間あう方はぜひこの日にいらしてくださいね。

今日の封筒は、作品度が高い!と久保が勝手に感じたこちらです。
右の封筒などなぜか、画家のnakabanの絵を連想させます。
って、そうりゃそうですよね〜。

『vincent fouteauの封筒詩片』展、三角ですか?

2016.6.18. 土曜日

vincent_7

vincenetさんから届いた封筒の小山をごそごそしていたら、1枚だけ三角の封筒がありました。
vincentさん、意図して1枚だけですか?
などと野暮なことは聞きませんが。
封筒仕立ても後半になってくると、絵を描くだけでなく、紙そのものに手を加えてはります。
よって、ふしぎ〜な質感、見え方の封筒があるんですのよ。

『vincent fouteauの封筒詩片』展、線が気になる封筒

2016.6.17. 金曜日

vincent_4

金曜日のセレクトは力強い罫線とグリッドの封筒を選びました。
vincentさんは線フェチです。
ええ、間違いないです。

『vincent fouteau』の封筒詩片、こんなのが届きました

2016.6.16. 木曜日

vincentさんは広島在住。
仕立てた封筒をゆうパックで送ってくれました。

開けてみて大騒ぎ。
今、チャルカはvincentさんの封筒に夢中です。
しばらくの間、毎日vincentさんの封筒を自慢することにしました。
まずは木曜日のセレクト。
ポップな色使い。
ベロの遊び。
ベースは日焼けしたアジ紙。
今日もご機嫌、おしゃれなおじいちゃんみたいな封筒です。

vincent_6

「vincent fouteauの封筒詩片」展 チャルカにて

2016.6.10. 金曜日

wvincent-fouteau-tirashi

「vincent fouteauの封筒詩片」展 

期間:2016.6.22(水)- 7.3(日) 13:00 ~ 18:00
チャルカにて、vincent fouteauさんのすべて一点ものの封筒を販売いたします。

*************************************

世の中には二種類の紙がある。
すなわち「封筒」になる紙、そしてそれ以外の紙である。

封筒になる紙はそれ以外の紙より少し幸福である。
引き出しの中での永遠の眠り、そして突然の旅立ち。
相反する甘美な可能性を約束されるがゆえに。
(そして紙なのにベロがあることも素晴らしい)

先日、馴染みの雑貨店Cよりデッドストックの紙の提供を受けた。
それも大量にである。
訝りつつも箱を開く。
古い紙束が薫り、そこには知らない国の言葉が書かれていた。
いちまいの紙に秘められた歴史とエキゾティズムに目眩を感じる。
紙片とは詩片に他ならないと思い知った。

そんな紙にもわたしは鋏を入れる。
惹かれる紙がそこにあれば、ただひたすらにそれを封筒に「仕立てる」。
それがわたし、vincent fouteau の流儀なのであるからして。

さて、君のお気に入りの封筒はあるだろうか。
是非とも雑貨店Cに探しに来てほしい。

vincent fouteau

(*vincent fouteauは画家nakabanの今展のためだけの別名義です)
2016.produced by CHARKHA & nakaban


トップへ