edaアクセサリー

ロストワックス法のネックレス

2016.2.4. 木曜日

wlost-wax

ロストワックスと呼ばれる手法で作られたネックレス。
アンティークショップで見つけ、なんでこんな形なんだろうと思っていました。
ガラスの博物館で製造工程の説明を見て納得したとたん、手放したくなくなってしまい、手元に置いておいたネックレスです。

丸い蝋の周囲に細く溶かしたガラスを巻きつけ、ガラスが固まったあとに蝋を溶かして取り出します。
なので、中が空洞になっています。

自分のネックレスストックを整理し、2本以上ある4色を手放す事にしました。
1920年代前後に作られたものです。
ご興味ありましたら、こちらをご覧ください。

とろんとした乳白色のヴィンテージネックレス

2015.11.21. 土曜日

wEV-0196-WH-S3

白でもなく、ベージュでもなく。
ミルクのようなとろんとした、うすいクリーム色のネックレスです。
この色使いやすくて、1つあるととっても重宝します。
1920年代、チェコ製、ガラスビーズ。
明るめのこれまたきれいな朱赤、水色もあります。
お買いものサイトにて紹介しています。

ガラスの花が揃いました

2014.3.20. 木曜日

wglass-flower

お買いものサイトを更新しました。
初お目見えの、ガラス製のフラワーピック。
チェコの工房でつくってもらいました。
小さくて、繊細で、かわいらしくて、くすぐられます。
小さいなグラスに飾ってもいいし、ワイヤーを切ってアクセサリーに作り替えたりもOK。
edaではピアスにしています。
1本 450円+税〜
今なら色も種類も揃っています。

ブローチ数種類
手に馴染むアジ紙ノートの新柄
ハンガリーのシャリシャリ袋←極薄の手貼り
などもご紹介しています。


トップへ