CHARKHA文房具

2017年度版週めくりオリジナルカレンダー

2016.10.6. 木曜日

wcalender-2

wcalender-1

ハンコで押したような滲んだ文字。
東欧のマッチラベルとチャルカ印をポイントあしらい。
めくると中紙は3種類のアジ紙が綴じてあります。
新聞用の紙、梱包用のクラフト紙、チラシ用の黄ザラ紙。
1週間で1ページ、週が変わるとミシン目でペリッと破く。

昔の書体と、3種類の手触り書き味の違いと、古いマッチラベルと、ペリッと感と、潔さを楽しんでください。
月、日、曜日の、最低限の情報しか載せていません。
育ててください。
そんなカレンダーです。

アジ紙オリジナルカレンダー 2017

2016.9.15. 木曜日

wcalendar2017

2017年のカレンダーを作っています。
印刷があがってきました。
これから綴じ工程です。

去年は新聞用の灰色味を帯びたリサイクル紙を使いました。
2017年用は、黄ザラ紙、クラフト紙、新聞紙の3種類を混ぜます。
COMING SOON

CRAFT PAPER LOVEの包装紙をつくりました

2016.2.19. 金曜日

wCO-038-1-S2

クラフトペーパーの持つ魅力を引出して愛でるシリーズ「CRAFT PAPER LOVE」。
画家nakabanの絵から人気の2柄を選び、ラッピングペーパーをつくりました。
便せんや封筒よりも厚い紙にし、大きさはしっかりと包めるように、43.5 x 60 cm。
丈夫です。
頼もしいです。
そして大きいサイズで見るnakabanの絵が一層素敵です。
包んで、ほどいて、また他の物を包んで、くしゃくしゃにして、しわくちゃになっても褪せない存在感。
この感じはいったどこから来るのでしょうね?
手にするとうれしくて、ここにきてクラフトペーパーの魅力を大きく再発見した次第です。
たくさんの方の目にふれ、手にしていただけますように。

wCO-038-1-S3

冬のチャルカ、チェコスロヴァキア時代の鉛筆などを出しました

2016.1.7. 木曜日

201601-shop2

201601-shop3

20160108-shop1

2016-shop4

チェコスロヴァキア時代のコヒノール社の鉛筆をお店にたくさん出しました。
誰かのコレクションだったのか、いろんな柄で100本以上あります。
適当なタッチの絵、見れば見るほど「あはは〜」となります。
ケ・セラ・セラな時代遅れの鉛筆、一見の価値ありです。

未使用の鉛筆束は、帯や箱、そして束になっている様子が格好いい。
小さな缶いろいろ、ついつい集めたくなります。
ハンガリーのふる〜いチケットは、久保コレクションの一部です。
だぶっているのを手放しますので、早い者勝ちです。

鉛筆も、缶も、チケットも、一つ一つを見ていると、アナログの面白さや、消耗品のおおらかさ、量産品の生真面目さなど、個性があります。
じっくりと見にいらしてください!

東欧のヴィンテージ生地のペンケース

2015.11.19. 木曜日

w20151119ペンケース

ヴィンテージ生地のペンケース、2年ぶりの新柄です。
ノートや文房具入れに比べて、ペンケースを使う方が少なくなってきていることもあり
ゆっくりペースですが作り続けています。
大切にしている定番アイテムです。
東欧らしい緑の花柄と、オレンジのような赤のようなこそばゆい色目の風車モチーフ。
ペンケースを待ってくださっていたお客さんの、お気にめしますように。

CRAFT PAPER LOVE のレポートパッドをつくりました

2015.7.22. 水曜日

wCPL-20150722

クラフトペーパーを愛でて商品を作ると決めた今年。
レターセット、カード、封筒、宛名シールに続き、レポートパッドを作りました。

筋入りクラフトペーパーと言う、薄くてうっすら線の入ったクラフト紙。
いわゆる、昔ながらの茶封筒に使われている紙です。
この紙の白バージョンが手に入ったので、もう大喜び。
マニアックな話ですが、文房具には使われたことがまずない紙なんです。
色が変わるとえらく新鮮で、この筋入りクラフト紙の白が愛おしい!

レポートパッドは、筋入りクラフト紙の白、茶、プレーン紙を100枚綴じています。
サイズはA5とA6の2種類。
レターセットの補助的な便せんとして、おすすめです。
カードにもうちょっと書きたい、そんな時も便利です。
封筒、宛名シールとも相性良しです。
これで基本の仲間が揃った感じでしょうか。
「CRAFT PAPER LOVE」の今後は、さらに好きな物、自分が欲しい物へとシフトして作っていきます。
キツネくん共々、これからもどうぞよろしくお願いします。

クラフトペーパーの商品は、チャルカお買いものサイトでご覧ください。

キツネが運ぶチャルカの新商品『CRAFT PAPER LOVE』

2015.3.25. 水曜日

CRAFT-PAPER-LOVE-img1
CRAFT-PAPER-LOVE-img3
CRAFT-PAPER-LOVE-img2

ガツンとかっこ良くて、アジ紙チャルカらしく
筋の通った新しい商品を作りたい。
去年の終わりごろから考えていたことが形になりました。
名づけて『CRAFT PAPER LOVE』
使う紙はクラフトペーパー。
nakabanが絵を描きました。

まずはレターセットとカードセットが生まれました。
ラッピングペーパー、紙箱、メモパッド、ノート、ラベルなども作ります。

大人たちに支持されますように。
男子からも使いたいの声があがりますように。
海外にも出て行きますように。
キツネくん、これからじゃんじゃん働いてもらいますよ。

チャルカお買いものサイト「CRAFT PAPER LOVE」のページはこちら

チャルカの紙束セットを作っています

2015.2.20. 金曜日

kami2
紙にはいろんなサイズがあって、ハトロン判、A版、B版、菊判と、大きな紙1枚のサイズは様々です。
A5サイズのノートは、A判の紙から作ると取り都合が良くて無駄がでない。
でも、好きな紙はハトロン判しかなかったり。
こんな事情から、文房具を作るとどうしても紙の端っこが余ります。
チャルカはその紙の余った端が捨てられません。
断裁した紙は端がきれいに整い、ブロックである様子がかっこよかったり、断面が面白かったりと、いい面がいっぱいあります。

これを詰め合わせたのが「チャルカの紙束セット」と言う商品です。
紙は余りものだけど、サイズを揃えたり、詰め合わせるのって、手間ひまがとってもかかります。
今、作っています。
作業をしていて楽しいです。
いろんな紙は見ていてあきません。
今週末にはお買いものサイトにUPの予定。
「さぁ、紙好きさんの元へ行っておいで〜」と、送り出します。

newチャルカオリジナル、書き留めるための大人のノート

2014.10.24. 金曜日

waideacyou1
チャルカの新商品のノートは、大げさですが、夢のノートです。
バックパックではじめて旅したヨーロッパ。
行き先々で買ったのはノートでした。
厳選して、パリで3冊、イタリアで1冊、ドイツで1冊。
これらのノートには共通項があって、どれも量産品ではなく、人の気配があったこと。
革や活版印刷や手透きの紙の表紙、糸綴じ上製本、手貼り、見返しで遊んでいたり、ポケットが付いていたり、ゴムや紐の留め具が付いていたりと、手がかかっていて、職人が作ったものです。
美術館で手帳を出して何かをメモしている人や、ベンチで小さなノートにスケッチしている人を見て、憧れを抱きました。
学校で使うノートは消耗品だったけど、気に入った「帖」を大事に育てる使い方もあるんだーそんなイメージを持ちました。

新しいチャルカオリジナルは、「アイデア帖」。
画家のnakabanに版画を彫ってもらい、それを木の板にプリントし、糸綴じ製本。
深い緑は森のイメージ、ハンガリー語で森の中の意味で「as erdoben」と名づけました。
水色は心地よい風のイメージ、風の中の意味で「a szelben」です。

こんなややこしいノートを作った製本所も、彫ったnakabanも、プリントをしたオソブランコも、チャルカも、みんな大人です。
自分用に、大切な人や伝えたいことがある機会に、こんなのノートを使ってもらえると、作り手たちはうれしいです。

waideacyou2

グリッドノートの新柄

2014.3.29. 土曜日

wfab-notebook

定番アイテム、グリッドノートの新柄が届きました!
何はさておき出来上がりを見なくてはと、梱包を解いて並べてみました。

東欧のヴィンテージらしい柄に加えて、今回は久保がわがままを言いまして、麻混の生地を3種類投入。
ずーーーいぶん前に気に入って買っていたものの、無地はどうなん?とためらっていたものです。
特に白は、製本会社の専務に「白はあかんよ、特に大阪ではダメッ」と言われ、まわりにも「ウ〜ン
マニアック過ぎ」と留められていたもの。
でもそこはやってみないとと言うことで、暖かくなるタイミングで発注。

どうでしょう?
やっぱり私なら白を選びます(by久保)。
でも、赤もいいです。
話がそれますが、この生地のワンピースを着たいです。
そして小花柄、ヴィンテージらしい大柄も、緑のも欲しいです。
これから順番にご紹介していきます。


トップへ